ハリーポッター(ハリポタ)シリーズに出てくる魔法植物の
「ミンビュラス・ミンブルトニア」

その英語、特徴、効果・効能、登場場面、映画の画像、ファンが描いたイラスト画像などを紹介しています。

スポンサーリンク




魔法植物と英語名

ミンビュラス・ミンブルトニア
Mimbulus mimbletonia

生息地

アッシリア周辺

ミンビュラス・ミンブルトニアの特徴

灰色のサボテンのような見た目。
おできのようなものが針のかわりについている。

わずかに脈を打っていて、動物の内臓のよう。(ハリーの考察)

防衛機能として、羽根ペンの先でつつくと、全てのおできの部分から、どろっとした深緑色の臭液が吹き出す。
腐った有機肥料のような臭いだが、毒ではない。

触れると、小声で歌うような、奇妙な音を出す。

スポンサーリンク




登場巻とシーン

6巻では名称が出てきたのみ。

第5巻 ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団

ネビルがアルジー大叔父から誕生日にもらった植物のミンビュラス・ミンブルトニアを自慢。
羽根ペンでつついたら、液体が噴き出して、ハリーの顔やルーナの雑誌を汚してしまう。

グリフィンドール談話室の合言葉にもなり、ネビルは喜んだ。

ホグワーツの謎

【質問】ミンビュラス・ミンブルトニアは何の液を出す?
【答え】臭液

ファンが描いたイラスト画像

pin

pin

pin

スポンサーリンク