ヤドリギは、ハリー・ポッターの物語に登場する木で、クリスマス時に度々出てきます。

現実世界でも存在して、主にクリスマスのデコレーションに使用。

英語の名称、登場作品、登場シーン、現実世界のヤドリギとは?、ヤドリギの伝説をまとめています。

スポンサーリンク




ヤドリギの英語

Mistletoe
ヤドリギ

マグル世界(現実世界)のヤドリギとは?

ヤドリギとは、クリスマス時にクリスマスの装飾として飾られる木です。

\ヤドリギの伝説/

イギリスでは、ヤドリギの下で
「男女はキスを拒めない」
「キスをしたカップルは幸せになる」
とされています。

ヤドリギの登場シーン

ホグワーツの大広間や廊下に、クリスマスの装飾としてヤドリギが使われている。

ダンブルドア軍団が訓練をしていた時には、必要の部屋にドビーがヤドリギなどのデコレーションを飾った。

ルーナ・ラブグッドはヤドリギにはナーグルがたくさんいると信じていた。
ラブグッド家の庭には、ヤドリギがあって「勝手につんでください」と看板に書かれている。

ハリーとチョウ・チャンはヤドリギの下でキスをする。

ヤドリギの登場作品

  • 第2巻 ハリー・ポッターと秘密の部屋
  • 第5巻 ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団
  • 第6巻 ハリー・ポッターと謎のプリンス
  • 第7巻 ハリー・ポッターと死の秘宝
  • ホグワーツの謎(ヤドリギの実が登場)
ヤドリギの実