Harry Potter ハリーポッターに出てくる魔法呪文の
インカーセラス 縛れ。

その呪文の英語・発音、魔法の使い方、呪文の語源・由来・意味、登場場面のシーンなどを紹介しています。

スポンサーリンク




呪文・英語・発音

インカーセラス 縛れ
Incarcerous
ɪŋˈkɑːrsərəs/ ing-kar-sər-əs

魔法の使い方

人や物をロープで縛る。

インカーセラス呪文の語源・由来・意味

ラテン語carcerateは「牢獄」「檻」という意味。

スポンサーリンク




登場場面のシーン

第3巻 ハリー・ポッターとアズカバンの囚人

【術者】セブルス・スネイプ
【場面】この呪文で、叫びの屋敷でシリウスを縛る。


【術者】リーマス・ルーピン
【場面】この呪文で、叫びの屋敷でピーター・ペティグリューを縛る。

第5巻 ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団

【術者】ドローレス・アンブリッジ
【場面】禁じられた森でのケンタウルスとの戦いで使用。

第6巻 ハリー・ポッターと謎のプリンス

【術者】ハリー・ポッター
【場面】分霊箱を探していた洞窟で亡者を縛ろうとして失敗。


【術者】ハリー・ポッター
【場面】ダンブルドア校長を殺したスネイプ先生を縛ろうとしたが失敗。

第7巻 ハリー・ポッターと死の秘宝

【術者】アントニン・ドロホフ
【場面】ロンドンのマグル地域のトッテナム・コート・ロードでハーマイオニーと一緒にいたロンを縛る。

第8巻 ハリー・ポッターと呪いの子

【術者】ドラコ・マルフォイ
【場面】ハリーの自宅でハリーと小競り合いになった時に、インカーセラス呪文をハリーに向けて使用。

スポンサーリンク