Harry Potter ハリーポッターに出てくる呪文と魔法の
Engorgio エンゴージオ 肥大せよ
の呪文の発音、魔法の用途、呪文の語源・由来・意味、登場場面のシーンなどを紹介しています。

スポンサーリンク




呪文と発音

エンゴージオ 肥大せよ
Engorgio
ɛŋˈɡɔːrdʒioʊ/ eng-gor-jee-oh

魔法の用途

対象を大きくする。

呪文の語源・由来・意味

英語でEngorgeは満腹にさせる、充血させるという意味。

関連する呪文

反対呪文はレデュシオ 縮め Reducio。

スポンサーリンク




登場場面のシーン

術者 場面
第2巻 ハリー・ポッターと秘密の部屋
ルビウス
ハグリッド
ハーマイオニーはハグリッドがこの呪文を使ってカボチャを大きくしたと思っている。
第4巻 ハリー・ポッターと炎のゴブレット
バーテミウス
クラウチ
ジュニア
アラスター・ムーディに成りすまして闇の魔術に対する防衛術を教えていた時に、許されざる呪文を蜘蛛に放った。それを生徒に見せるためにこの呪文を使って蜘蛛を大きくした。
第7巻 ハリー・ポッターと死の秘宝
ハリー
ポッター
リンボクの杖を試すために、この呪文を使って蜘蛛を大きくした。
スポンサーリンク