ハリーポッター(ハリポタ)シリーズに出てくる呪文の
エンゴージオ 肥大せよ。

その呪文の英語・発音、魔法の用途、呪文の語源・由来・意味、反対呪文、登場場面のシーン、ゲーム「ホグワーツの謎」の質問「誰かの口にエンゴージオを唱えたら、その人の歯はどうなる?」の答え、イベントでの呪文デモ画像などを紹介しています。

スポンサーリンク




呪文・英語・発音

エンゴージオ 肥大せよ
Engorgio
ɛŋˈɡɔːrdʒioʊ/ eng-gor-jee-oh

呪文の語源・由来・意味

英語でEngorgeは満腹にさせる、充血させるという意味。

魔法の用途

対象を大きくする。

反対呪文

レデュシオ 縮め Reducio。

スポンサーリンク




登場場面のシーン

第4巻 ハリー・ポッターと炎のゴブレット

【術者】バーテミウス・クラウチ・ジュニアムーディに変身中)
【場面】アラスター・ムーディに成りすまして闇の魔術に対する防衛術を教えていた時に、許されざる呪文を蜘蛛に放った。
それを生徒に見せるためにあらかじめ「エンゴージオ」呪文を使って蜘蛛を大きくしていた。

第7巻 ハリー・ポッターと死の秘宝

【術者】ハリー・ポッター
【場面】リンボクの杖を試すために、「エンゴージオ」呪文を使って蜘蛛を大きくした。

第8巻 ハリー・ポッターと呪いの子

【術者】アルバス・セブルス・ポッター
【場面】「エンゴージオ」呪文を試すため、石鹸を大きくしてみた。

ホグワーツの謎

2年生の呪文学で学ぶ。

【質問&答え】
Q.誰かの口にエンゴージオを唱えたら、その人の歯はどうなる?
A.大きくなる

イベントでの「エンゴージオ」呪文byイヴァナ・リンチ

スポンサーリンク