ハリポタシリーズ第4作「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」に出てきて、セドリックと対戦した
ドラゴン「スウェーデン・ショート・スナウト種」。

その英語、分類、概要、特徴、登場巻、画像、ファンの描いたイラストなどを紹介しています。

スポンサーリンク




魔法生物・英語

ドラゴン【スウェーデン・ショート・スナウト種】
Swedish Short-Snout

魔法省分類(M.O.M.分類)

XXXXX:魔法使いを殺害できる程強いレベル。調教やペットは不可能。

原産地

スウェーデン

生息地

荒らされていない人里離れた山中に生息

概要

全長7メートル程の銀青色の鱗で覆われたドラゴン。

丸太や骨を数秒で灰にしてしまう強力な明るい青色の火を放つ。

人との接触がほとんどないので危害は及ばないが、俊速に飛び、高熱の火を吹くので危険視されている。

魔法具・魔法薬などへの用途

保護用の手袋、盾として重用されている。

スポンサーリンク




登場巻

書籍「幻の動物とその生息地」で紹介されている他、以下に登場。

第4巻 ハリー・ポッターと炎のゴブレット(書籍・映画)

セドリック・ディゴリーが三大魔法学校対抗試合の第一の課題でスウェーデン・ショート-スナウト種のドラゴンと対決。

セドリックは、岩を犬に変えてドラゴンを邪魔して、ドラゴンが守っていた金の卵を取る。

第8巻 ハリー・ポッターと呪いの子(書籍・舞台)

逆転時計で過去に行ったアルバス・セブルス・ポッターは、三大魔法学校対抗試合の第一の課題でスウェーデン・ショート-スナウト種のドラゴンと対決していたセドリックを武装解除して、過去を変えてしまう。

ファンの描いたイラスト画像

スポンサーリンク