ハリーポッターのスピンオフシリーズ「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」(ファンタビ)の脚本書籍の映画から初めて登場する魔法生物の「リュークロコッタ」。

「リュークロコッタ」の名称の英語、由来、意味、概要、原産地、登場巻などを紹介しています。

スポンサーリンク




魔法生物

リュークロコッタ
Leucrotta

名称の語源・由来・意味

リュークロコッタはインドやエチオピアの伝説上の野獣。
見た目は、出てくる書物により異なる。
頭がアナグマ、体と尾はライオン、お尻は鹿、口は耳元まで裂けていて、足が速いことと、人の声を真似ることとするもの。
犬狼のような姿のもの、などがある。

概要

リュークロコッタは、鹿に似た魔法生物。

リュークロコッタの映像

予告編にリュークロコッタの映像が1分03秒目に登場。
ジェイコブの右後にいる、鹿のような魔法生物。

スポンサーリンク




登場作品

第2巻 ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(脚本書籍・映画)
スポンサーリンク