必要の部屋とは、ハリー・ポッターの物語に登場するホグワーツ魔法魔術学校のあるホグワーツ城に必要な時だけ現れる部屋です。
その歴史、使った人たちと活用方法などをまとめています。

スポンサーリンク




必要の部屋とは?

英語

必要の部屋
Room of Requirement

場所

ホグワーツ城7階

入る方法

必要の部屋で誰と何をしたいかといったことを明確にしてから、必要の部屋の壁の前の廊下を3回往き来すると扉が現れる。

必要の部屋の使用中は、入った人が念じて許可した人しか入れない。

必要の部屋を使った人やグループとその用途

アルバス・ダンブルドア

1927年、アルバス・ダンブルドアは必要の部屋においておいたみぞの鏡で青年だった当時にグリンデルバルドと交わした血の誓いをみる。

ニュート・スキャマンダーが率いるグループ

1930年代、ニュート・スキャマンダーが率いる対グリンデルバルド陣営のチームが必要の部屋を使った。

トム・リドル

ロウェナ・レイブンクローの髪飾りを必要の部屋に隠した。

ダンブルドア軍団

ハリー・ポッターがダンブルドア軍団に闇の魔術に対する防衛術の実践を教えた。

また、ハリー・ポッターが追われてホグワーツを不在にしていた際には、ネビル・ロングボトムなどがリーダーとなり、必要の部屋でレジスタンス活動をした。
ホグワーツ最後の決戦の際には、ハリーの多くの味方が必要の部屋を使う。

ドラコ・マルフォイと死喰い人

ドラコ・マルフォイは必要の部屋にあったをくらますキャビネット棚を通じて死喰い人をホグワーツに招き入れた。

それにより、ホグワーツ内で死喰い人対ホグワーツの先生+不死鳥の騎士団の争いが起こった。

クラッブ

ホグワーツでの最後の争いの際に、ハリー、ロン、ハーマイオニーとドラコ、ゴイル、クラッブが乱戦。
クラッブは自らが出した悪霊の火で自滅して死亡した。

スポンサーリンク




必要の部屋にあったもの

など

登場作品

  • 第4巻 ハリー・ポッターと炎のゴブレット
  • 第5巻 ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団
  • 第6巻 ハリー・ポッターと謎のプリンス
  • 第7巻 ハリー・ポッターと死の秘宝
  • 第2作 ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生
  • 第3作 ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密