ハリーポッターの物語に登場するラブグッド家の住まいについてまとめています。

外観、構造、内部など。画像あり。

スポンサーリンク




外観

お城の塔のように、巨大で黒くて縦に長くそびえる家。

ロンに言わせるとチェスのルークに似ているとのこと。

構造

門から家まで、ジグザグの道になっている。

庭には色々な植物が生えていた。

玄関のドアのノッカーは鷲の形をしている。

床の中心から鍛鉄の螺旋階段でつながっている。

3階以上があるかは不明。

2階(3階)ルーナの部屋
1階(2階)居間・仕事場
地上階(1階)玄関・キッチン
スポンサーリンク




ルーナの部屋

ルーナの部屋の天井には、ハリー、ロン、ハーマイオニー、ネビル、ジニーの絵が描かれていて、友達という文字でそれぞれが繋げられている。

居間・仕事場

色々なものがごちゃごちゃとあって、ホグワーツの必要の部屋のような感じ。(ハリー考察)

本や書類が乱雑に積まれていて、上からはよくわからない生物の模型がぶら下がっていた。
レイブンクローの像、ザ・クィブラーを印刷するための印刷機、エルペンストの角(ゼノフィリウス・ラブグッドはしわしわ角スノーカックのものと信じている)などがあった。

玄関+キッチン

内部は円形。
ガス台・流し台・食器棚などはすべて曲線にフィットするように設置されている。
巨大な胡椒入れの中にいるような感じ。(ハリー考察)

すべて原色で、花・鳥・虫などが描かれている。

色々なものがごちゃごちゃとある。