ハリーポッター(ハリポタ)シリーズに出てくる「ゾンコ」。

ホグズミード村にあるジョークと悪戯の魔法道具の専門店「ゾンコ」の書籍の原作に基づいたまとめを掲載しています。

スポンサーリンク




ゾンコ|ハリーポッター(ハリポタ)


「ゾンコ」(Zonko’s Joke Shop)は、英国スコットランドのホグワーツに隣接するホグズミード村にある、ジョークと悪戯の魔法道具の専門店。

店内の棚には、悪戯用品が並んでいる
ホグワーツ生のホグズミード訪問解禁日には、生徒たちで溢れている。

ハリーとロンが一緒に訪れた際には、二人の財布は大分軽くなっていた。(3巻)

ハリーたちが6年生の際にホグズミードを訪れた際(ヴォルデモート陣営が台頭時)は、ゾンコの店に板が打ち付けられて閉まっていた。

ダイアゴン横丁にある悪戯用品専門店「ウィーズリー・ウィザード・ウィーズ」(WWW)のオーナーのフレッド&ジョージ・ウィーズリーは、ゾンコを買収して、ホグズミード支店を開設しようと思っていた。
その案が実行されたかは不明。

ゾンコで販売されていることがわかっているもの

  • 臭い玉 Stink Pellets
  • くそ爆弾 Dungbombs
  • しゃっくり飴 Hiccough Sweets
  • カエル卵石鹸 Frog Spawn Soap
  • 鼻食いつきティーカップ Nose-Biting Teacups
スポンサーリンク




登場作品

  • 第3巻 ハリー・ポッターとアズカバンの囚人(書籍・映画)
  • 第4巻 ハリー・ポッターと炎のゴブレット(書籍)
  • 第5巻 ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(書籍)
  • 第6巻 ハリー・ポッターと謎のプリンス(書籍)
  • 第7巻 ハリー・ポッターと死の秘宝(書籍・映画PART2)
スポンサーリンク