ハリーポッター(ハリポタ)シリーズに出てくる魔法アイテム、
ロウェナ・レイブンクローの髪飾り。

髪飾りについて、書籍原作、pottermore、J.K.ローリングのインタビューやツイートなどに基づいた概要、失われた逸話、分霊箱になって後に破壊された経緯、映画で使われた髪飾りの画像、ファンが描いたイラストなどを紹介しています。

スポンサーリンク





【映画で使われたロウェナ・レイブンクローの髪飾り】

ロウェナ・レイブンクローの髪飾りの概要

ロウェナ・レイブンクローは、ホグワーツ魔法魔術学校の4人の創設者のうちの1人で、レイブンクロー寮の創設者。

学識や知性を重んじたロウェナ・レイブンクローは、知恵が増えると言われている髪飾りを作った。

髪飾りはロウェナ・レイブンクローの象徴となる、魔法アイテムとなり、
象徴の文言「計り知れぬ英知こそ、われらが最大の宝なり」が刻印されていた。

「失われたレイブンクローの髪飾り」の行方

ロウェナ・レイブンクローの娘、ヘレナは母親よりも賢く、重要な人物になりたかったので、母の髪飾りを盗んでアルバニアの森に隠れ住んだ。

やがて重い病になったロウェナ・レイブンクローは、もう一度娘に会いたくなったので、後に血みどろの男爵呼ばれる男性に捜索を依頼する。
血みどろの男爵は、過去ヘレナに求愛したものの、拒絶されていたが、ずっとヘレナを愛し続けていた。

ゆえに、 ロウェナ・レイブンクローはヘレナは必ず探し出されると確信していた。

結局、血みどろの男爵はヘレナを探し出すが、帰ることを拒んだヘレナを殺害してしまい、自分も自殺。
ヘレナは、血みどろの男爵がやってくる直前に、髪飾りを木の虚に隠した。

10世紀ほどの時を経て、ヴォルデモートの分霊箱に

髪飾りは、誰もありかを知ることなく、「レイブンクローの失われた髪飾り」とも呼ばれて、行方が謎のままだった。

しかし、ホグワーツのレイブンクロー寮のゴーストとなったヘレナは、トム・リドル(ヴォルデモート)の巧みな話術にかかって、髪飾りのありかを教えてしまう。

ヴォルデモートは、10世紀ほどの間、放置されていた髪飾りを見つけ出して、自分の分霊箱にする。
その際、アルバニアの農夫を生贄にした。

ヴォルデモートはホグワーツに教職を求めに行った際に、髪飾りを「必要の部屋」に隠す。

分霊箱の破壊

ホグワーツ最後の戦いの夜、ハリーは髪飾りを以前「必要の部屋」で見たことを思い出す。
「必要の部屋」にロンとハーマイオニーと一緒に髪飾りを探しに行った際に、後をつけてきたドラコ、ゴイル、クラッブとのバトルが始まる。

ロンとハーマイオニーに死の呪文を当て損ねたクラッブは、悪霊の火を放って結局自滅。

髪飾りの分霊箱としての機能は悪霊の火により、破壊された。
黒くねとねとした血のようなものが髪飾りから流れて、髪飾りが突然震え、二つに割れる。
髪飾りはかすかな悲鳴を発し、バラバラになって壊れた。

スポンサーリンク




髪飾りのデータ

名称
英語
ロウェナ・レイブンクローの髪飾り
Rowena Ravenclaw’s diadem
製作者 ロウェナ・レイブンクロー
制作時 中世 10世紀ごろ
所有物 髪飾り

分霊箱としての髪飾りのデータ

【作成】

  • 時期:1946年以降
  • 場所:アルバニア
  • 犠牲者:アルバニア人農夫

【保管】

  • 場所:ホグワーツ「必要の部屋」

【破壊】

  • 時期:1998年5月2日(7巻)
  • 場所:ホグワーツ「必要の部屋」
  • 破壊者:ビンセント・クラッブ
  • 破壊方法:悪霊の火

pottermoreのレイブンクローと髪飾りのイラスト画像

レイブンクローと髪飾りのファンが描いたイラスト画像

pin

pin

pin

スポンサーリンク