ハリーポッター(ハリポタ)シリーズに出てくる象徴的な魔法のアイテム、
ヘルガ・ハッフルパフのカップ。

ハッフルパフのカップについて、書籍原作、pottermore、J.K.ローリングのインタビューやツイートなどに基づいた概要、逸話、映画で使われたカップの画像、ファンが描いたイラストなどを紹介しています。

スポンサーリンク




ヘルガ・ハッフルパフのカップの概要

ヘルガ・ハッフルパフは、ホグワーツ魔法魔術学校の4人の創設者のうちの1人で、ハッフルパフ寮の創設者。

ヘルガ・ハッフルパフは自身の象徴的なアイテムとなるカップを自作した。

カップは魔法のアイテムらしいが、どのような機能や枠割があったかは明らかにされていない。
子孫のヘプジバ・スミスによると、いろいろな力が秘めてあるらしいが、彼女自身はそれを安全にしまっておくだけで、試したことがない。

見た目

小さな金のカップ。
繊細な細工のある2つの取っ手のついていて、穴熊の彫刻がしてある。

歴代の所有者

ヘルガ・ハッフルパフの没後、カップはヴォルデモートに盗まれるまでは子孫に代々受け継がれれていた。
子孫最後の所有者は、ヘプジバ・スミス。

カップのデータ

名称
英語
ヘルガ・ハッフルパフのカップ
Helga Hufflepuff’s Cup
製作者 ヘルガ・ハッフルパフ
制作時 中世 10世紀ごろ
魔法 明らかにされていない
スポンサーリンク




分霊箱としてのハッフルパフのカップ

カップが盗まれて分霊箱になった経緯

ヘプジバ・スミスはハッフルパフのカップとスリザリンのロケットを当時ボージン・アンド・バークスの店員で、骨董品の買取外商をしていたハンサムなトム・リドル(ヴォルデモート)に見せる。

その2日後にヘプジバ・スミスは殺害される。
犯人は年老いた屋敷しもべ妖精のホキーがココアに毒を入れたと認めて有罪になり獄死。

しかし、ダンブルドアはそれをヴォルデモートの仕業で、ハッフルパフのカップとスリザリンのロケットを盗んで、ヘプジバ・スミスはヴォルデモートの分霊箱の生贄となったと推測した。

分霊箱の破壊

分霊箱となったハッフルパフのカップは、グリンゴッツ魔法銀行のレストレンジ家の金庫に保管されていた。
それを、ハリー、ロン、ハーマイオニーがグリップフックとともに金庫破りをして盗み出す。

ホグワーツ最後の戦い時に、ロンとハーマイオニーは「秘密の部屋」に入り、ハーマイオニーがバジリスクの牙で分霊箱を破壊した。

スポンサーリンク




分霊箱としてのデータ

【作成】

  • 時期:1946年以降
  • 場所:ヘプシバ・スミスの家
  • 犠牲者:ヘプシバ・スミス

【保管】

  • 場所:グリンゴッツ魔法銀行のレストレンジ家金庫
  • 設置担当者:レストレンジ夫妻

【破壊】

  • 時期:1998年5月2日(7巻)
  • 場所:ホグワーツの秘密の部屋
  • 破壊者:ハーマイオニー・グレンジャー
  • 破壊方法:バジリスクの牙で刺す

ファンが描いたイラスト画像

スポンサーリンク