Harry Potter ハリーポッター、「幻の動物とその生息地」の本に出てくる魔法生物・魔法動物(ファンタスティックビースト)の
カッパ/河童 Kappa
の名称の意味、分類、概要、登場巻などを紹介しています。

スポンサーリンク




魔法生物

カッパ/河童
Kappa

名称の語源・由来・意味

河童は日本の妖怪。

魔法省分類(M.O.M.分類)

XXXX:危険レベル。専門知識と技能を持つ魔法使いなら対処が可能。

原産地

日本

生息地

日本、モンゴル

概要

カッパ/河童は、浅い池に住み、人血を吸って生きる日本の妖怪。

猿を怖い顔しにたような風貌。頭には水を貯める受け皿のような窪みがある。手には水掻きが付いていて、

池に侵入してきた人間を刺す。河童は水辺にいて、頭の皿に水が溜まっていることが強みとなる。

スポンサーリンク




登場巻

第3巻 ハリー・ポッターとアズカバンの囚人(書籍)
ルーピン先生の闇の魔術に対する防衛術の授業で、少し講義があった。
第4巻 ハリー・ポッターと炎のゴブレット(書籍)
ムーディ先生(実はバーテミウス・クラウチ・ジュニア
だった)の闇の魔術に対する防衛術の授業で、少し講義があった。
幻の動物とその生息地 (書籍)
ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(シナリオ書籍・映画)
Pottermore(J・K・ローリングのサイト)
スポンサーリンク