ハリーポッター(ハリポタ)シリーズに登場する、
ホキー。

ヘプジバ・スミスに仕えた屋敷しもべ妖精ホキーのプロフィールをまとめています。

スポンサーリンク




ホキーのプロフ|ハリーポッター(ハリーポッター)

ホキーは、ヘプジバ・スミスに仕えた年老いた屋敷しもべ妖精。
ヘプジバ・スミスは、ホグワーツ魔法魔術学校の4人の創設者のうちの1人のヘルガ・ハッフルパフの子孫の一人で、大変裕福な独身の老婦人。

ヘプジバ・スミスはヘルガ・ハッフルパフのカップサラザール・スリザリンのロケットを所有していて、ホキーが箱にしまって呪文をかけて管理していた。

ホキーの最後

ヘプジバ・スミスは自宅である日、当時ボージン・アンド・バークスで骨董品の買取外商をしていたトム・リドル(ヴォルデモート)にハッフルパフのカップとスリザリンのロケットを内密に見せる。
その2日後にヘプジバ・スミスは殺害された。

犯人は年老いた屋敷しもべ妖精のホキーがヘプジバ・スミスのココアに毒を入れたと認めて、有罪になり獄死。

しかし、ダンブルドアはトム・リドル(ヴォルデモート)がホキーの記憶操作をして犯人に仕立てたと推測していた。

スポンサーリンク




ホキーのデータ

名前
英語
ホッキー Hokey
種族 屋敷しもべ妖精
誕生 1900年代に存在
性別 女性
主人 ヘプジバ・スミス

登場作品

  • 第6巻 ハリー・ポッターと謎のプリンス

屋敷しもべ妖精、強い!英語、靴下の意味など|ハリポタ・ファンタビ