ハリーポッター(ハリポタ)シリーズに出てくる「ボージン・アンド・バークス」。

ノクターン横丁(夜の闇横丁)にある「ボージン&バークス」の書籍の原作に基づいた概要、英語、商品グッズ・映画画像などのまとめを掲載しています。
ヴォルデモートが働いていたお店です。

スポンサーリンク




ボージン・アンド・バークスにヴォルデモートも勤務!|ハリーポッター(ハリポタ)

「ボージン&バークス」(英語:Borgin and Burkes)は、ノクターン横丁(夜の闇横丁)にある、闇の魔法道具と強い魔力のある珍しい魔法具を中心に売買するショップ。

ボージンとカラクタカス・バークがオーナー。
ヴォルデモートはホグワーツを卒業して数年だけここで働いていた。

スリザリンのロケットを売買したのはカラクタカス・バーク。

店内の様子

店内は広く、髑髏の陳列棚がある。
ホグワーツで使いそうもない魔法具が売っている。(ハリー考察)

スポンサーリンク




登場シーン

ハリーが煙突ネットワークで誤ってボージン・アンド・バークスの暖炉に行ってしまう。
その際に、マルフォイ父子がやっていて、父親が店主のボージンに売り物のリストを見せているところを暖炉の中から覗き見した。(2巻)


ドラコ・マルフォイはボージン・アンド・バークスを訪れて、ホグワーツにあるキャビネットと対になっている売り物のキャビネットを売らないようにと、ボージンを脅して了承させた。(6巻)


ヴォルデモートがボージン&バークスで働いていた当時の様子をダンブルドアがハリーに、ペンシーブを使って見せた。

ヴォルデモートはヘプジバ・スミスの外商を担当。
ヘプジバがヘルガ・ハッフルパフの子孫で、ハッフルパフのカップスリザリンのロケットを所有していることがわかると、ヘプジバを殺害してそれらを盗み、罪を屋敷しもべ妖精になすりつける。
直後、ヴォルデモートはボージン&バークスを辞めた。(6巻)

スポンサーリンク




ボージン&バークスが売買した商品一覧

過去に売買したもの、現在売っているものなど全て含む。

  • 人骨
  • 錆びついた棘だらけの道具
  • 絞首刑用の縄

スポンサーリンク





ショップデータ

店名 ボージン・アンド・バークス
Borgin and Burkes
場所 英国ロンドン
ノクターン横丁13B
(旧J.K.ローリングの
サイトに掲載)
スタッフ
スポンサーリンク




登場作品

  • 第2巻 ハリー・ポッターと秘密の部屋
  • 第6巻 ハリー・ポッターと謎のプリンス

ファンの夜の闇横丁@ユニバーサルスタジオ(フロリダ)の旅レポ

既になくなったところもあり。

スポンサーリンク