ハリーポッター(ハリポタ)シリーズに登場するキャラクター、カラクタカス・バーク。
「ボージン&バークス」の創設者オーナーのカラクタカス・バークについて、書籍の原作に基づいたプロフィールを掲載しています。

スポンサーリンク




カラクタカス・バークのプロフィール

カラクタカス・バークはボージン&バークスの創設者でオーナー。
「ボージン・アンド・バークス」は、ノクターン横丁(夜の闇横丁)にある、闇の魔法道具と強い魔力のある珍しい魔法具を中心に売買するショップ、

メローピー・リドル(旧姓ゴーント)が夫に捨てられ、ヴォルデモートを身ごもって貧窮していた際に、「ボージン&バークス」にスリザリンのロケットを売りにくる。
カラクタカス・バークが対応して、価値がつけられないほどの品なのに、足元を見てたった10ガリオンで買い取った。

カラクタカス・バークの証言の記憶によると、その価格でもメローピーは喜んだとのことだった。(6巻)

スポンサーリンク




名前 カラクタカス・バーク
Caractacus Burke
属種 人間 魔法使い
性別 男性
職業 「ボージン&バークス」
の創設者オーナー

登場作品

第6巻 ハリー・ポッターと謎のプリンス

スポンサーリンク