ハリーポッター(ハリポタ)シリーズに登場する
メローピー・ゴーント。

ヴォルデモートの母親のメローピー・ゴーントについて書籍原作、pottermore、J.K.ローリング氏のインタビューやツイートなどに基づいたプロフィール、ファンが描いたイラストなどを紹介しています。

映画には未登場ですが、pottermoreには掲載されています。

スポンサーリンク




メローピー・ゴーントのプロフィール

家系・血筋

メローピー・ゴーントは、父マールヴォロ、兄モーフィンと一緒にリトル・ハングルトンの外れの掘っ建て小屋に住み、貧困生活を送っていた。

ゴーント家は、ホグワーツ魔法魔術学校創設者4人のうちの1人、サラザール・スリザリンの子孫。
メローピー・ゴーントは蛇語(パーセルタング)を話した。

死の秘宝を持つペベレル兄弟の次兄カドマス・ペベレルの子孫でもある。

聖28一族に連なる純血の名家でもあり、家族3人は最後の末裔。

ゴーント家はいとこ同士が結婚する近親婚の習慣があり、そのせいで何世紀にも暴力と情緒不安定の血筋で知られていた。
一族の資産は、メローピーの父が生まれる数世代前に浪費し尽くしていた。

容姿

  • だらっと垂れた艶のない髪の毛で、両目が逆方向に向いている。
    器量が悪そうで、青白くぽってりした顔立ちで、これほど打ちひしがれた顔はみたことがなかったほど(ペンシーブで見たハリーの考察)
  • 美人とはいえない(孤児院のミセス・コール談)

トム・リドル・シニアとの駆け落ち

メローピー・ゴーントは、マグルでリトル・ハングルトンの大地主の息子、トム・リドル(シニア)に思いを寄せる。
それを知った兄モーフィンは、かなりの痛みを伴う蕁麻疹の呪いをトム・リドル(シニア)かけた。

それが原因で魔法省からボブ・オグデンがゴーント家に派遣され、モーフィンに尋問に出頭するように要請。

その際にメローピーがマグルに思いを寄せていることを知った父マールヴォロは激怒して、メローピーの首を絞める。
オグデンがレラシオ呪文でマールヴォロを吹き飛ばすと、モーフィンがナイフを振り回し、杖で呪いも発動。

そのため、オグデンは一旦逃げて魔法省に姿あらわしで戻り、仲間を連れて再来。
マールヴォロとモーフィンを取り押さえて連行する。

抵抗して役人たちを傷つけたマールヴォロは6ヶ月、前科があったモーフィンは3年間の収監となる有罪判決を受ける。

ダンブルドアの推測によると、家族から解放されたメローピーは数ヶ月後に愛の媚薬を使って、トム・リドル(シニア)と一緒にロンドンに駆け落ちして結婚。

ヴォルデモートの出産と最後

ダンブルドアの推測によると、ヴォルデモートを身ごもったメローピーはトム・リドル(シニア)が自分を愛してくれると思ったためか、夫に魔法を使うのをやめる。

トム・リドル(シニア)は駆け落ちから数ヶ月後にリトル・ハングルトンに戻り、二度と妻に会うことはなく、子供を探すこともしなかった。
周囲には、だまされた、たぶらかされた、と言っていたとのこと。

その後、お金に困ったメローピーは、スリザリンのロケットをボージン・アンド・バークスのバークスに販売して、10ガリオン金貨を得る。

最後に大晦日の夜に孤児院を訪れ、1時間後にヴォルデモートを産み落として他界した。

スポンサーリンク




メローピー・ゴーントの個人データ

名前
英語
メローピー・ゴーント
Merope Gaunt
種族 人間 魔法使い
没日 1926年12月31日ロンドンの孤児院にて
性別 女性
所有物 スリザリンのロケット
家族 マールヴォロ・ゴーント(父)
モーフィン・ゴーント(兄)
●トム・リドル・シニア(夫)
トム・マールヴォロ・リドル(息子)
デルフィーニ(孫)
・サラザール・スリザリンの子孫
・カドマス・ペベレルの子孫

メローピー・ゴーントのイラスト画像

pin

pin

pin

pin

スポンサーリンク