ハリーポッター(ハリポタ)シリーズに登場する
マールヴォロ・ゴーント。

ヴォルデモートの祖父で純血主義の純血魔法使い、マールヴォロ・ゴーントについて書籍原作、pottermore、J.K.ローリング氏のインタビューやツイートなどに基づいたプロフィール、ファンが描いたイラストなどを紹介しています。

スポンサーリンク




マールヴォロ・ゴーントのプロフィール

家系・純血の血筋

マールヴォロ・ゴーントは極度な純血主義の純血魔法使い。
息子モーフィン、娘メローピーと一緒にリトル・ハングルトンの外れの掘っ建て小屋に住み、貧困生活を送っていた。

ゴーント家は、ホグワーツ魔法魔術学校創設者4人のうちの1人、サラザール・スリザリンの子孫。
マールヴォロ・ゴーントは蛇語(パーセルタング)を話した。

死の秘宝を持つペベレル兄弟の次兄カドマス・ペベレルの子孫でもある。

聖28一族に連なる純血の名家でもあり、家族3人は最後の末裔。

ゴーント家はいとこ同士が結婚する近親婚の習慣があり、そのせいで何世紀にも暴力と情緒不安定の血筋で知られていた。
一族の資産は、マールヴォロ・ゴーントが生まれる数世代前に浪費し尽くしていた。

ただし、家宝のスリザリンのロケット蘇りの石の指輪を大切にしていた。

容姿

髪の毛は短くチリチリで、顔はしわくちゃ、目は褐色に光り、肩幅は広く、腕は長すぎで年老いていた。
釣り合いの取れていない体で、猿のようなの風貌。
(ペンシーブで見たハリーの考察)

アズカバンに収監

娘メローピーはマグルでリトル・ハングルトンの大地主の息子、トム・リドル(シニア)に思いを寄せる。
それを知った息子モーフィンは、かなりの痛みを伴う蕁麻疹の呪いをトム・リドル(シニア)かけた。

それが原因で魔法省からボブ・オグデンがゴーント家に派遣され、モーフィンに尋問に出頭するように要請。

その際にマールヴォロ・ゴーントはメローピーが一族の純血主義に逆らってマグルに思いを寄せていることを知って激怒。
マールヴォロ・ゴーントはメローピーの首を絞める。

オグデンがレラシオ呪文でマールヴォロを吹き飛ばすと、モーフィンがナイフを振り回し、杖で呪いも発動。

そのため、オグデンは一旦逃げて魔法省に姿あらわしで戻り、仲間を連れて再来。
マールヴォロ・ゴーントとモーフィンを取り押さえて連行する。

抵抗して役人たちを傷つけたマールヴォロ・ゴーントは6ヶ月、前科があったモーフィンは3年間の収監となる有罪判決を受ける。

ダンブルドアの推測によると、家族から解放されたメローピーは数ヶ月後に愛の媚薬を使って、トム・リドル(シニア)と一緒にロンドンに駆け落ちして結婚した。

アズカバンからの帰還とその最後

マールヴォロ・ゴーントが6ヶ月後にアズカバンから戻ると、自宅には娘メローピーの駆け落ちの説明をした置き手紙があった。

マールヴォロ・ゴーントは、その後一度も娘の名前やその存在すらも口にすることなかった。
ほどなく、マールヴォロ・ゴーントにとっての孫、トム・マールヴォロ・リドル(後のヴォルデモート)が生まれ、メローピーは他界したが、そのことを知っていたかは不明。

マールヴォロ・ゴーントは、息子モーフィンがアズカバンから帰ってくる前に他界する。

ダンブルドアの推測によると、アズカバンで弱り、娘の行動にショックを受け、食事も作ることもできなかった可能性などがある、とのこと。

スポンサーリンク




マールヴォロ・ゴーントの個人データ

名前
英語
マールヴォロ・ゴーント
Marvolo Gaunt
種族 人間 魔法使い 純血
没日 1925年〜1928年の間
性別 男性
所有物 スリザリンのロケット
蘇りの石の指輪
家族 モーフィン・ゴーント(息子)
メローピー・ゴーント(娘)
●トム・リドル・シニア(義理の息子)
トム・マールヴォロ・リドル(孫)
デルフィーニ(ひ孫)・サラザール・スリザリンの子孫
・カドマス・ペベレルの子孫

マールヴォロ・ゴーントのイラスト画像

pin

スポンサーリンク