ハリーポッター(ハリポタ)シリーズに登場するキャラクター、オブランスク魔法大臣(またはオブロンスク魔法大臣)。
ブルガリアのオブランスク魔法大臣について、書籍の原作に基づいたプロフィールをまとめています。

スポンサーリンク




オブランスク魔法大臣のプロフィール

オブランスク魔法大臣(またはオブロンスク魔法大臣)は、1994年時点でのブルガリアの魔法大臣。
オブランスク魔法大臣かオブロンスク魔法大臣か、どちらかわからないのは、彼を紹介した英国の魔法大臣のコルネリウス・ファッジ自身がどちらか覚えていないから。

オブランスク魔法大臣は英語は喋れないとファッジは思っていたが、実は訛りながらも英語は喋れる。

クィディッチのワールドカップの決勝戦で、ブルガリアとアイルランドが対戦した際に、オブランスク魔法大臣はイギリスにきていた。
会場では、ファッジと一緒に貴賓席にやってくる。

その際、オブランスク魔法大臣はファッジにより、ハリーポッターを英語で紹介される。
言葉がわからなかったが、ハリーの額の傷に気づくと、興奮して騒ぎ出した。

結果は、ブルガリアが負けた。
試合終了後に、ボックス席にやってきた選手たちと握手をして、健闘をたたえた。

スポンサーリンク




名前 オブランスク
属種 人間 魔法使い
性別 男性
職業 ブルガリア魔法大臣

登場作品

第4巻 ハリー・ポッターと炎のゴブレット