映画「ハリー・ポッターと死の秘宝」に登場する映画オリジナルキャラクター、リクバート。
グリンゴッツ魔法銀行に勤務するリクバートのまとめを掲載しています。

スポンサーリンク




リクバートのまとめ

リクバートはグリンゴッツ魔法銀行に勤務するゴブリン。
映画「ハリー・ポッターと死の秘宝」のみに登場するオリジナルキャラクター。

ハリー、ロン、ハーマイオニー、グリップフックがグリンゴッツ魔法銀行のレストレンジ家の金庫破りをした際に、ロビーフロアの責任者をしていた。

グリップフックに裏切られたハリーたちが、三人で銀行に拘束されていたドラゴンの足枷を解いて、それに乗ってロビーをぶち破って逃走。
その際にリクバートは難を逃れたが、他のゴブリンや警備とともにマルフォイ邸に呼び出されて、ヴォルデモートに殺害された。

スポンサーリンク




名前 リクバート
Ricbert
属種 ゴブリン(小鬼)
性別 男性
職業 グリンゴッツ魔法銀行
フロア責任者
没日 1998年5月1日

登場作品

第7巻 ハリー・ポッターと死の秘宝(映画のみ)

スポンサーリンク