ハリー・ポッター(ハリポタ)全シリーズの登場人物キャラクターで、スリザリン寮出身のセオドール・ノット。について、書籍の原作に基づいたプロフィールや登場巻を紹介しています。映画には出てこないので、役者俳優や吹き替え声優はいなく、pottermoreでもイラストが掲載されていないので、画像は一切ありません。ちまたで出回っているのは、ファンの空想画像です。

スポンサーリンク




セオドール・ノットのプロフィール

セオドール・ノットはハリーと同級生でスリザリン寮の純血の魔法使いで純血主義者。「間違いなく純血の血筋」とされる「聖28一族」のノット家に生まれる。父は死喰い人で、母は遅くともセオドールが5年生になる前に亡くなっている。

ホグワーツ校時代は、スリザリン寮に組み分けされ、ドラコとは交友関係にある。

5年生の魔法生物飼育学の授業で、セオドールにはセストラル(天馬)が見えていたので、誰かの死を目撃した経験があることが判明。

ハリーがリータ・スキーターによるザ・クィブラー誌上のインタビュー記事で、ドラコグレゴリー・ゴイルビンセント・クラッブ、セオドールの父が死喰い人だということを暴露した際に、ハリーに罵声を浴びせた他の3人と違って沈黙していた。(5巻)

スラグホーン先生とセオドールの父親は旧知の仲だった。6年生の際、父親が死喰い人でなければ、セオドールはスラグクラブに招待されてもいいプロフィールだった。

魔法薬学に授業でスラグホーン先生の質問に答えてハーマイオニーがマグル生まれだと伝えると、セオドールはドラコと一緒に嘲笑う。

セオドールは頭脳明晰で、魔法薬学のO.W.L.試験で好成績を残し、N.E.W.T.試験へ進んだ12人のうちの一人だった。(6巻)

その後

セオドールは2つの逆時時計を作成した。

2020年、その内の一つで5分間しか滞在できない試作品は魔法省に押収される。

もう一つの正規の逆時時計は注文したルシウス・マルフォイに渡されていた。それは使用されずにマルフォイ家に所蔵されていた。(8巻)

名前 セオドール・ノット
Theodore Nott
誕生日 1979年9月1日〜1980年8月31日の間
出身 英国
属種 人間 魔法使い 「聖28一族」純血
性別 男性

外見

茶色
特徴 ●背が高い
●細身

学歴

出身校 ホグワーツ魔法魔術学校(1991年入学)
出身寮 スリザリン

家族

名前などは不明。純血で純血主義者の死喰い人。
名前など詳細は不明。純血。遅くともセオドールが5年生になる前に死去。
スポンサーリンク




登場シーン

第1巻 ハリー・ポッターと賢者の石(書籍)
第5巻 ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(書籍)
第6巻 ハリー・ポッターと謎のプリンス(書籍)
第8巻 ハリー・ポッターと呪いの子(書籍・舞台)
Pottermore
スポンサーリンク