ハリーポッター(ハリポタ)全シリーズの登場人物キャラクター、ダドリー・ダーズリーについて、書籍の原作に基づいたプロフィール、最後にハリーと握手して和解したエピソード、その後大人になってからのハリーとの仲と関係や、映画の役者俳優と吹き替え声優などを紹介しています。

スポンサーリンク




ダドリー・ダーズリーの概要

ダドリー・ダーズリーはハリーの従兄弟。同じ年で11歳まで同じ家で暮らしていたハリーをいじめていたがハリーに命を助けられてから歩み寄る。大人になってからは義務感から会っている。

幼少時代

両親に甘やかされて育つ。ハリーを引き取りながらも毛嫌いしていた父バーノンと母ペチュニアの元で育ち、両親がしているのと同様にハリーを虐めた。学校でも悪ガキ(ダドリー軍団)のリーダー格で、ハリーを虐めていた。成績は悪かった。

名門「スメルティングズ男子校」時代

名門「スメルティングズ男子校」に在籍するが、成績は悪かった。

肥満体型だったが、ダイエットをして「英国南東部ボクシングジュニアヘビー級チャンピオン」になる。自宅近くで吸魂鬼に襲われてハリーに助けられてから、ハリーを少しづつ認めるようになる。(5巻)

最後にハリーと握手して和解

ハリーがダーズリー一家に死喰い人に狙われるので自宅を放棄するように告げる両親とは反対に、ハリーの対応を支持した。その別れの際に、以前吸魂鬼から守ってくれたことにお礼を言い、ハリーと別れの握手をして和解した。(7巻)

その後、大人になってからの仲と関係

ダドリーとハリーは大人になってからも会っていて、クリスマスカードを送り合うほどの関係。義務感から会っているようなもので、子どもたちが遊んでいる間は黙って座っている。(pottermore)

本名 ダドリー・ダーズリー
Dudley Dursley
別名 ダッダー (by ペチュニア・ダーズリー)
ハリー (by ハグリッド)
ビッグD (by 悪ガキの友人とハリー)
誕生 1980年6月23日
出身 英国
属種 人間 マグル
性別 男性
婚姻 既婚
タイトル 英国南東部ボクシングジュニアヘビー級チャンピオン(5巻)

外見

ブロンド
青色
特徴 肥満体型→ダイエットに成功

学歴

出身校 スメルティングズ男子校
所属 ダドリー軍団 リーダー

家族

バーノン・・ダーズリー
ペチュニア・ダーズリー
子供 二人いるが名前や詳細は不明
従兄弟 ハリー・ポッター
親族 マージョリー・ダーズリー (伯母)
●ポッター家のメンバー
スポンサーリンク




登場シーン

第1巻 ハリー・ポッターと賢者の石(書籍・映画・ビデオゲーム)
第2巻 ハリー・ポッターと秘密の部屋(書籍・映画・ビデオゲーム)
第3巻 ハリー・ポッターとアズカバンの囚人(書籍・映画・ビデオゲーム)
第4巻 ハリー・ポッターと炎のゴブレット(書籍)
第5巻 ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(書籍・映画・ビデオゲーム)
第6巻 ハリー・ポッターと謎のプリンス(書籍)
第7巻 ハリー・ポッターと死の秘宝(書籍・映画PART1)
第8巻 ハリー・ポッターと呪いの子(書籍・舞台)
名前が出てきただけ
Pottermore(J・K・ローリングのサイト)

映画役者 俳優・吹き替え声優

俳優 ハリー・メリング
声優 忍足航己
スポンサーリンク