ハリーポッター(ハリポタ)シリーズに出てくるキャラクター、嘆きのマートル。
レイブンクローの女子トイレにこもっているゴースト(幽霊)です。

その死因は?分霊箱作成に活用された?なぜ幽霊になってしまったの?なんでトイレにいるの?
プロフィールや映画の俳優・声優名などをまとめています。

USJのトイレでの出現のファンレポ、かわいいイラスト画像のファンアートも必見です。

スポンサーリンク




嘆きのマートルの本名・英語

マートル・エリザベス・ウォーレン
Myrtle Elizabeth Warren

嘆きのマートルのプロフィール

嘆きのマートルは、ホグワーツ魔法魔術学校のレイブンクロー寮3階の女子トイレにいついているゴースト。

トム・リドル(ヴォルデモート)と同時期にホグワーツに在籍していた。

学生時代と見た目

マートルは、いじめられっこだった。

  • 太り気味
  • ニキビ顔
  • ぶ厚いメガネ
  • 泣き虫

といわれていじめられる。

いじめられると、いじけて3階女子トイレにこもって泣いていた。

死因と分霊箱作成に利用された経緯

オリーブ・ホーンビーという生徒にメガネのことをからかわれて、3階女子トイレの個室のこもり、鍵をかけて泣いていた。
トムリドルが女子トイレに入ってきて、秘密の部屋を開けて、バジリスクを出す。
マートルは、出て行けと叫ぶために個室のドアを開けたとたんに、バジリスクの目を見て即死する。

マートルは、トム・リドルの日記の分霊箱を作るためのいけにえとなった。

ゴースト(幽霊)になった理由

オリーブ・ホーンビーに取り憑いて後悔させてやるため。
オリーブはマートルの思惑通りに、後悔した。
オリーブの卒業後も取り憑き、兄弟の結婚式も邪魔をする。

個人データ

名前 マートル・エリザベス・ウォーレン
Myrtle Elizabeth Warren
呼称 嘆きのマートル
Moaning Myrtle
死去 1943年6月13日(享年14歳)
ホグワーツ城 3階の女子トイレ
国籍 英国かアイルランド
属種 人間 マグル出身の魔法使い
→死後はゴースト
性別 女性
出身校 ホグワーツ魔法魔術学校
出身寮 レイブンクロー
スポンサーリンク




登場作

第2巻 ハリー・ポッターと秘密の部屋

無意識に秘密の部屋のヒントをハリーたちに与えた。

第4巻 ハリー・ポッターと炎のゴブレット

監督生のお風呂にいたハリーのもとにやってきて、金の卵の開け方を教えた。

第6巻 ハリー・ポッターと謎のプリンス

悩んで泣いていたドラコを慰めていた。
ハリーがドラコをセクタムセンプラで傷つけた現場を目撃。
そのことを校内で触れ回った。

第8巻 ハリー・ポッターと呪いの子

別次元で、アルバスとスコーピウスが第二の課題の会場に行く道を教える。
また、駆けつけたハリーとドラコに息子たちの行動を教えた。

映画役者 俳優・吹き替え声優

俳優 シャーリー・ヘンダーソン
声優 坂本千夏

USJの嘆きのマートル声-ファンレポ

https://twitter.com/akka7021/statuses/595074072473546752

ファンが描いたイラスト画像

pin

pin

スポンサーリンク