ハリー・ポッター(ハリポタ)シリーズのに出てくる魔法アイテム
「忍びの地図」とは?

「忍びの地図」の英語、概要、使い方、登場シーン、画像、ファンが描いたイラストなどを掲載しています。

映画「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」でハリーポッターが開いた忍びの地図にニュートの足跡も。

スポンサーリンク




魔法具・英語

忍びの地図
Marauder’s Map

忍びの地図とは?

「忍びの地図」は、ムーニー、ワームテール、パッドフット、プロングズの4名が開発したホグワーツの地図。

4人が知る、隠れ通路や地図内にいる人の現在地や動きが確認できる。

呪文で開示・非表示にする。

「忍びの地図」は、ムーニー、ワームテール、パッドフット、プロングズの4名が開発したホグワーツの地図。

4人が知る隠れ通路や地図内にいる人の現在地や動きが確認できる。

開発者

スポンサーリンク




持ち主

2007年7月30日のJKローリングのBloomsbury.comライブチャットによると、忍びの地図は、ジェームズ・シリウス・ポッターがハリーから盗んで使っているのではないかと言っていた。

8巻では、マクゴナガル校長が持っていた。

「忍びの地図」の表示・非表示呪文

【開示の呪文】
われ、ここに誓う。
われ、よからぬことをたくらむ者なり
I solemnly swear that I am up to no good.

【非表示の呪文】
いたずら完了!
Mischief Managed!

登場作品

  • 第1巻 ハリー・ポッターと賢者の石
  • 第2巻 ハリー・ポッターと秘密の部屋)
  • 第3巻 ハリー・ポッターとアズカバンの囚人
  • 第4巻 ハリー・ポッターと炎のゴブレット
  • 第5巻 ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団
  • 第6巻 ハリー・ポッターと謎のプリンス
  • 第7巻 ハリー・ポッターと死の秘宝
  • 第8巻 ハリー・ポッターと呪いの子
  • ホグワーツの謎

ハリーが見た「忍びの地図」にニュートがいた!

映画「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」では、ハリーが見ていた「忍びの地図」にニュート・スキャマンダーの名前が表示されていた。
(ただし、ハリーは気づいていない)

スポンサーリンク




ファンが描いたイラスト

 

スポンサーリンク