Harry Potter ハリーポッターに出てくる呪文と魔法の
Langlock ラングロック 舌縛り
の呪文の発音、魔法の用途、呪文の語源・由来・意味、登場場面のシーンなどを紹介しています。

スポンサーリンク




呪文と発音

ラングロック 舌縛り
Langlock
læŋlɒk/ lang-lok

魔法の用途

舌を口内の奥に貼付ける。

呪文の語源・由来・意味

langueは英語tongue(舌)の原語で、英語lockは固定するという意味。

魔法の発明者

セブルス・スネイプ(半純血プリンス)

スポンサーリンク




登場場面のシーン

術者 場面
第6巻 ハリー・ポッターと謎のプリンス
ハリー
ポッター
「半純血のプリンス」の私物、上級用の魔法薬学の本を手に入れたハリーは、そこに走り書きしてあったこの呪文を知る。ハリーはこの呪文で管理人アーガス・フィルチの舌を壁に貼付けた。
ハリー
ポッター
ハリーは医療棟の廊下でピーブスを黙らせるために、この呪文を使用。ピーブスは喉に舌を詰まらせた。
スポンサーリンク