ハリー・ポッター(ハリポタ)の登場人物キャラクター、ジミー・ピークス。クィディッチのグリフィンドール代表ビーターのジミーについて書籍の原作に基づいたプロフィールを紹介しています。

スポンサーリンク




ジミー・ピークスのプロフィール

ジミー・ピークスはホグワーツのグリフィンドール寮の魔法使いで、クィディッチの寮代表選手ビーター。ハリーより3学年下。背は低いが、胸板は厚い。

前年にフレッドとジョージの代役でビーターを務めたアンドリュー・カークジャック・スローパーに変わって、リッチー・クートと共に1996年に新たに採用される。

二人はフレッドジョージのようにはいかないが、プレイは充分上手なレベルだった。ジミーは選抜実技の際にブラッジャーでハリーの頭に卵大のたんこぶを作る。

ジミーとリッチーは回を重ねるごとに上手になる、とハリーは関心していた。

ハッフルパフとの試合の際、コーマック・マクラーゲンが誤って味方のハリーにブラッジャーをぶつけて大怪我をさせた時に、ジミーとリッチーは両側からハリーを支えて落下を防いだ。(6巻)

ホグワーツの最後の戦いの際に、戦場の大講堂へ向かおうとしていたコリン・クリービーとジミーをマクゴナガル先生が追い返した。(7巻)

その後、コリンは命令に逆らってこっそりと戦場へ赴き戦死する。ジミーについては、その後どのような行動を取ったのか不明。

名前 ジミー・ピークス
Jimmy Peakes
誕生日 1982年9月1日〜1983年8月30日の間
属種 人間 魔法使い 純血か半純血
性別 男性

容姿・特徴

背が低いが、胸板が厚い。

学歴

出身校 ホグワーツ魔法魔術学校(1994年入学)
出身寮 グリフィンドール
所属 クィディッチ寮代表選手ビーター
スポンサーリンク




登場シーン

第6巻 ハリー・ポッターと謎のプリンス(書籍・映画)
第7巻 ハリー・ポッターと死の秘宝(書籍)
スポンサーリンク