ハリーポッターシリーズのスピンオフ、「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」(ファンタビ)に登場する、メアリー・ルー・ベアボーン。

書籍の原作に基づいたプロフィール(見た目、家族他)、映画の俳優と声優などをまとめています。

スポンサーリンク




メアリー・ルー・ベアボーンのプロフィール


メアリー・ルー・ベアボーンは、アメリカ在住のカリスマ性があるボブカット美人のノーマジ。

反魔法族のノーマジ組織の新セーレム救世軍の指導者。
魔術を告発してアメリカから魔術と魔法使いを絶やすことに注力していた。

チャスティティクリーデンスモデスティという3人の養子がいて、自分に従わないと虐待していた。

クリーデンスを虐待しようとした時に、クリーデンスのオブスキュラスに殺害される。
その際、チャスティティも共に巻き込まれたて死亡。

名前 メアリー・ルー・ベアボーン
Mary Lou Barebone
死去 1926年12月7日 自宅兼教会
居住地 米国 ニューヨークのパイク通りの第二セーレム教会
属種 人間 ノーマジ
性別 女性
職業 新セーレム救世軍 指導者(反魔法族のノーマジ組織)

外見

茶色 ボブカット
青色
特徴 美人

家族

養子 チャスティティ・ベアボーン(最年長の養女)
クリーデンス・ベアボーン(養子)
モデスティ・ベアボーン(最年少の養女)
先祖 バーソロミュー・ベアボーン
スポンサーリンク




登場作品

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅

映画 女優・吹き替え声優

女優 サマンサ・モートン
声優 佐々木優子