Harry Potter ハリーポッターに出てくる呪文と魔法の
Imperio インペリオ 服従せよ
の呪文の発音、魔法の用途、呪文の語源・由来・意味、登場場面のシーンなどを紹介しています。

スポンサーリンク




呪文と発音

インペリオ 服従せよ
Imperio
ɪmˈpɪərioʊ/ im-peer-ee-oh

魔法の用途

対象の相手を意のままに従わせて、思考も言動も操る。

  • 術者: 術者の命令は、口頭での指示と無言の指示の両方が可能。
  • 操られた相手: 最上の幸福感に満ちて、心地よい気分でいる。心が強ければ、操られることに抵抗をして命令に背くこともできる。ハリーとクラウチ親子はこの術に抗った。
  • 第三者からの視点: この術で操られている人かどうかの見分けは極めて難しい。そのため、ルシウス・マルフォイなどは、ヴォルデモートに操られていたとして罪を逃れていた。

呪文の語源・由来・意味

英語imperiousは横柄なという意味。

魔法の種類

3つの「許されざる呪文」Unforgivable Cursesのうちの一つの「服従の呪文」Imperius Curse。

スポンサーリンク




登場場面のシーン

J・K・ローリングが主宰するpottermoreサイトで、後日明らかにされた内容も含まれる。

術者 場面
第1巻 ハリー・ポッターと賢者の石
ヴォルデモート ハリー達は、ヴォルデモートがリリーを最後に殺して消えた後の裁判で、ルシウス・マルフォイたちがこの術で操られていたと弁明して、罪を逃れたと聞いた。
第4巻 ハリー・ポッターと炎のゴブレット
バーテミウス・クラウチ・ジュニア ムーディに扮していた時に、闇の魔術に対する防衛術の授業で蜘蛛にこの呪文をかけて、術のデモを行った。生徒にも術をかけ、ネビルはアクロバットさせ、ディーンには飛び跳ねさせながら国歌を歌わせ、ラベンダーにはリスの真似をさせた。ハリーにも何度か術をかけようとしたが、抵抗されて失敗した。
バーテミウス・クラウチ・ジュニア 三大魔法学校対抗試合の第三の課題の時に、ビクトール・クラムにこの術をかけてセドリック・ディゴリーを攻撃させた。
ヴォルデモート リトル・ハングルトンの墓地でハリーにこの呪文を使用するが、術を破られた。
バーテミウス・クラウチ・シニア バーテミウス・クラウチ・ジュニアの自宅監禁のためにこの呪文を使用するが、術を破られた。
ヴォルデモート バーテミウス・クラウチ・シニアの自宅監禁のためにこの呪文を使用するが、術を破られた。
ピーター
ペティグリュー
アラスター・ムーディを監禁し続けて、癖をまねるためにこの呪文を使用。
第5巻 ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団
ルシウス・マルフォイ 魔法省のブロデリック・ボードと不死鳥の騎士団通期メンバーのスタージス・ポドモアにこの呪文の使用に成功。しかし、魔法省の神秘部に置かれている予言を取らせようとしたが失敗。結果、ブロデリック・ボードは聖マンゴ魔法疾患傷害病院に入院したが、口封じのため死喰い人が悪魔の罠を贈って絞殺。スタージス・ポドモアは、アズカバンに6ヶ月収監されてその後の消息は不明。
第6巻 ハリー・ポッターと謎のプリンス
ドラコ
マルフォイ
三本の箒の女主人のマダム・ロスメルタに使用して、呪いのネックレスと毒入り蜂蜜酒をホグワーツに密かに持ち込むのとダンブルドアが洞窟から三本の箒に帰ったときに合図を送る手伝いをさせた。
マダム
ロスメルタ
ダンブルドアを殺すため、ケイティ・ベルにこの呪文を使い、ネックレスをホグワーツに持ち込むように仕向けた。
第7巻 ハリー・ポッターと死の秘宝
死喰い人 スタン・シャンパイクにこの呪文をかけた。7人のハリーを追撃する際にハリーを襲わせたが、武装解除されて失敗に終わった。
ハリー
ポッター
グリンゴッツ魔法銀行のレストレンジ家の金庫破りの時に、ベラトリックスに扮していたハーマイオニーにくっついて来た死喰い人トラバースに透明マントの中から使用。銀行の地下洞窟でトラバース置き去りにした。
ハリー
ポッター
グリンゴッツ魔法銀行職員のボグロッドにこの呪文をかけて、レストレンジ家の金庫まで案内させた。
ヤックスリー 前任者が殺されて魔法大臣に就任したパイアス・シックネスにこの呪文をかけて、魔法省を操った。ハリーの指名手配、マグル生まれ登録委員会の設立などをさせた。ヴォルデモート陣営での第2次ホグワーツの戦いへの参戦もさせたが、アーサーとパーシーに破れた。
ミネルバ
マクゴナガル
レイブンクローのコモンルームで、アミカス・カローを拘束する目的で使用。
スポンサーリンク