Harry Potter ハリーポッターの映画のみに出てくる呪文と魔法の
Harmonia Nectere Passus ハーモニア・ネクテレ・パサス そのもとに還れ
の呪文の発音、魔法の用途、呪文の語源・由来・意味、登場場面のシーンなどを紹介しています。

スポンサーリンク




呪文と発音

ハーモニア・ネクテレ・パサス そのもとに還れ
Harmonia Nectere Passus
har-MOH-nee-a NECK-teh-ray PASS- us

魔法の用途

「姿をくらますキャビネット」に入れた物を、その対の別のキャビネットへ転送する。

呪文の語源・由来・意味

ラテン語でHarmonia Nectere Passusは、調和は苦しみを結合するという意味。

スポンサーリンク




登場場面のシーン【映画オリジナル】

術者 場面
第6巻 ハリー・ポッターと謎のプリンス
ドラコ
マルフォイ
ドラコは、ボージン・アンド・バークスとホグワーツにある、対の姿をくらますキャビネットを利用するためにこの呪文を何度も使用。幽霊のピーブスが壊してしまったためにうまくいかなかったので、林檎や小鳥などを送ったりして何度も試す。最後には、このキャビネットでホグワーツへ死喰い人達を招き入れることに成功。
第7巻 ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2
ドラコ
マルフォイ
上記の様子が過去描写として、ちらっと登場する。
スポンサーリンク