ハリーポッター(ハリポタ)シリーズに出てくる「ウィーズリー・ウィザード・ウィーズ」(WWW)で扱う防犯グッズの「おとり爆弾」。

「おとり爆弾」の書籍の原作に基づいた概要や、グッズやハリー・ポッター魔法同盟のファンレポを掲載しています。

スポンサーリンク




おとり爆弾|ハリーポッター(ハリポタ)

「おとり爆弾」は、フレッド&ジョージ・ウィーズリーが、ダイアゴン横丁の悪戯用品専門店「ウィーズリー・ウィザード・ウィーズ」(WWW)がヴォルデモート陣営台頭後に発売して売れていた防犯グッズ。

用途・特徴

おとり爆弾(Decoy Detonator)は、黒いゴムの玉が付いたラッパに足がついている。
床に置くと見つからないようにコソコソと歩いて行って、見えないところで爆発音を発して、刺激臭のある煙を出す。
フレッドによると、注意を逸らすときに便利。

打ち破る方法

輝きの手を持つと、暗闇の中でも自分だけ見えることができる。

登場シーン

「ウィーズリー・ウィザード・ウィーズ」(WWW)のダイアゴン横丁のショップに行った際に、スポンサー扱いされたハリーは、ショージとフレッドからおとり爆弾を無料で入手した。(6巻)


ハリー、ロン、ハーマイオニーがアンブリッジからスリザリンのロケットを取り戻すために魔法省へ侵入した際に、各自2個ずつ持って万一に備えた。
ハリーはアンブリッジのオフィスの前でおとり爆弾を一つ使った。(7巻)

スポンサーリンク




登場作品

  • 第6巻 ハリー・ポッターと謎のプリンス
  • 第7巻 ハリー・ポッターと死の秘宝

ファンレポ

グッズ

魔法同盟

スポンサーリンク