ハリーポッター(ハリポタ)シリーズの登場人物キャラクター、ヘレナ・レイブンクロー(灰色のレディ)。

ホグワーツのゴースト、灰色のレディのプロフィール(本名・英語・死因他)と映画の役者俳優・声優、ファンが描いたイラスト画像など紹介しています。
ロウェナ・レイブンクローの髪飾りを盗んだ娘です。

スポンサーリンク




灰色のレディの本名・英語

ヘレナ・レイブンクロー
Helena Ravenclaw

ヘレナ・レイブンクローのプロフィール

灰色のレディと呼ばれるヘレナ・レイブンクローは、ホグワーツ魔法魔術学校のレイブンクロー寮専属のゴースト。
ホグワーツの創設者、ロウェナ・レイブンクローの娘。

背が高く、美しく、長いマントを着ている。
気位が高く、高慢そう。(ハリー談)

髪飾りの行方と死因

ヘレナ・レイブンクローは、母親よりも賢く、重要人物になりたかったので、ロウェナ・レイブンクローの髪飾りを盗む。
アルバニアの森に潜伏していたが、死期を迎えた母がヘレナに会いたがり、後に血みどろ男爵と呼ばれる男性にヘレナを探させる。
血みどろ男爵は、ヘレナのことが好きで、以前に告白したが、断られていた。

ヘレナは潜伏先で追跡されているのを察知し、髪飾りを木の虚に隠した。

男爵に見つかってしまうが、一緒に帰ることを拒否。
短気な性格の男爵は激怒し、ヘレナはその場で刺し殺された。

後、ヘレナ・レイブンクローは「灰色のレディ」として、ホグワーツのレイブンクロー寮のゴーストになる。

髪飾りのありかを代々の先生や生徒に聞かれたが、誰にも教えなかった。
しかし、巧みな話術を使ったトム・リドル(後のヴォルデモート)のだけに気を許して教えてしまう。

ヘレナ・レイブンクローは、自分が髪飾りを隠した場所をハリーに伝えた。
しかし、髪飾りはヴォルデモートが分霊箱にして、ホグワーツの必要の部屋に移していた。

個人データ

名前 ヘレナ・レイブンクロー
Helena Ravenclaw
呼称 灰色のレディ
Gray lady
死去 11世紀、アルバニアの森にて
国籍 英国かアイルランド
属種 人間 魔法使い→
死後はゴースト
性別 女性
母親 ロウェナ・レイブンクロー
出身校 ホグワーツ魔法魔術学校
出身寮 レイブンクロー
スポンサーリンク




登場作

  • 第1巻 ハリー・ポッターと賢者の石
  • 第6巻 ハリー・ポッターと謎のプリンス
  • 第7巻 ハリー・ポッターと死の秘宝
  • ホグワーツの謎

映画役者 俳優・吹き替え声優

俳優
  • ニーナ・ヤング(第1作)
  • ケリー・マクドナルド(第8作)
声優 愛河里花子

ファンが描いたイラスト画像

pin

pin

pin

pin

スポンサーリンク