ハリーポッター(ハリポタ)シリーズに出てくる「ウィーズリー・ウィザード・ウィーズ」(WWW)で扱う「インスタント煙幕」。

「インスタント煙幕」の書籍の原作に基づいた概要やファンアートを掲載しています。

スポンサーリンク




インスタント煙幕|ハリーポッター(ハリポタ)

「インスタント煙幕」は、フレッド&ジョージ・ウィーズリーが、ダイアゴン横丁の悪戯用品専門店「ウィーズリー・ウィザード・ウィーズ」(WWW)でペルーから輸入して売り出したもの。

用途・特徴

インスタント煙幕(Instant Darkness Powder)は、短い間一定の場所に暗闇を作る。
その間その場所は、あらゆる魔法を使っても明るくできない。
ジョージによると、急いで逃げるときに便利。

登場シーン

ロンの発言によると、ドラコ・マルフォイは「ウィーズリー・ウィザード・ウィーズ」(WWW)でインスタント煙幕を購入したと思わる。
ホグワーツの必要の部屋の前の廊下をインスタント煙幕を使って暗闇にして、死喰い人たちを城内に招き入れた。(6巻)

スポンサーリンク




登場作品

  • 第6巻 ハリー・ポッターと謎のプリンス
  • 第7巻 ハリー・ポッターと死の秘宝

ファンアート

pin

pin

スポンサーリンク