ハリーポッター(ハリポタ)シリーズの登場人物、オーガスタス・ルックウッド。

死喰い人、オーガスタス・ルックウッドのプロフィールを掲載しています。

スポンサーリンク




二重スパイだった死喰い人

オーガスタス・ルックウッドは、デスイーター(死喰い人)で、魔法省神秘部の無言者として勤務していた二重スパイ。

無言者については何をしているか、アーサー・ウィーズリーのような魔法省内部の人間にとっても不明だが、死や時の研究のようなことをしている模様。

魔法省の内部情報をヴォルデモートに流していた。

カルカロフの司法取引により、二重スパイであることを告発されてアズカバンに送られる。

神秘部の戦いの引き金はオーガスタス・ルックウッドの情報だった

その後、死喰い人の大量脱獄に乗じて脱獄。
オーガスタス・ルックウッドが神秘部に予言玉の情報をヴォルデモートに与える。
結果的に魔法省の神秘部で予言玉の取り合いバトルが起こる。

バトル歴

神秘部の戦い

ホグワーツ最後の戦い

「必要の部屋」付近で爆発を起こして壁に穴をあけた死喰い人がホグワーツに乱入。
その爆発でフレッドが死亡。
死喰い人たちが穴から出てきくる。

  • ルックウッドも出て来て、ホグワーツの2人の生徒を追いかける。それをパーシーが追うがその後は不明。
  • アバーフォース・ダンブルドア:ルックウッドは失神の呪文を受けて敗れる。
スポンサーリンク




個人データ

本名
英語名
オーガスタス・ルックウッド
Augustus Rookwood
属種 人間 魔法使い
性別 男性
職業 魔法省神秘部 無言者
(ヴォルデモート失脚以前)
所属 死喰い人

外見の特徴

青白い痘痕面。

スポンサーリンク




登場シーン

第4巻 ハリー・ポッターと炎のゴブレット(書籍・映画)
第5巻 ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(書籍・映画)
第7巻 ハリー・ポッターと死の秘宝PART2(書籍・映画)

映画役者 俳優

俳優 ガンディー・エバンズ
スポンサーリンク