ハリーポッター(ハリポタ)シリーズの登場人物キャラクター、アラベラフィッグさん。

アラベラ・フィッグばあさんのプロフィール、英語名、映画の画像、役者俳優や声優、ファンが描いたイラストなどを紹介しています。

スポンサーリンク




アラベラ・フィッグばあさんのプロフィール

アラベラフィッグさんは、スクイブで、猫とニーズルの交配を生業にしている。

ダーズリー宅の近所に住んでいて、一家が出かける時に、ハリーのシッターをしていた。

家はキャベツくさい匂いがして、猫の自慢話ばかりするので、ハリーは嫌がっていた。

しかし、実はダンブルドアから依頼を受けてハリーの監視をしていたことが判明。
ハリーへの嫌がらせはダーズリー一家に気に入られるための行為だったことを告白して、ハリーに謝った。

アラベラフィッグの個人テータ(英語名他)

本名
英語名
アラベラ・フィッグ
Arabella Figg
属種 人間 スクイブ
性別 女性
住所 サリー州リトル・ウィンジング
ウィステリア・ウォーク
(プリペット通りのふた筋向こう)
職業 ●猫とニーズルの交配
●ハリーのシッター
任務 ハリーの監視
(ダンブルドアからの依頼)

見た目

風変わりな老婆。

スポンサーリンク




登場シーン

第1巻 ハリー・ポッターと賢者の石(書籍)

ダドリーの誕生日の日に、ハリーのシッターをする予定だったが、足の骨を折ったためできなくなった。

第4巻 ハリー・ポッターと炎のゴブレット(書籍)

フィッグさんは未登場だが、ウィーズリー家が借りたテントは匂いまでフィッグさんの自宅そっくりだった。
(実は内装はフィッグ宅のコピーだった)

第5巻 ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(書籍・映画)

ダドリーが吸魂鬼に襲われた際に魔法を使って守ったハリーに対して、フィッグさんは自分はスクイブでダンブルドアの指示でハリーを監視していたことを告白。

魔法をマグルの前で使ってしまったことで、裁判になったハリーの正当防衛行為を弁護した。

第6巻 ハリー・ポッターと謎のプリンス(書籍)

ダンブルドアの葬式に参列。

Pottermore

映画役者 女優・吹き替え声優

女優 キャスリン・ハンター
吹き替え声優 京田尚子

ファンが描いたイラスト

スポンサーリンク