Harry Potter ハリーポッターに出てくる呪文と魔法の
Scourgify スコージファイ 清めよ
のお掃除呪文の発音、魔法の用途、呪文の語源・由来・意味、登場場面のシーンなどを紹介しています。

スポンサーリンク




呪文と発音

スコージファイ 清めよ (ゴシゴシ呪文)
Scourgify (Scouring Charm)
skɜːrdʒᵻfaɪ/ skur-ji-fy

魔法の用途

掃除清掃をする。

呪文の語源・由来・意味

英語でscourは掃除をする、語尾の-ifyは〜をするという意味。

スポンサーリンク




登場場面のシーン

術者 場面
第4巻 ハリー・ポッターと炎のゴブレット
ネビル、
ハーマイオニー
爪の間に挟まったカエルの腸を取り除くために、ハーマイオニーがネビルに「スコージファイ 清めよ」呪文を教えた。
第5巻 ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団
ニンファドーラ
トンクス
ダーズリー家でヘドウィックのカゴを掃除した。
ジニー
ウィーズリー
ホグワーツ急行内で、ネビルが叔父からもらった植物を披露したところ、ハリーの服やルーナの雑誌を汚してしまったので一掃した。
ジェームズ
ポッター
ハリーがペンシーブでスネイプの記憶を見た時に、ジェームズがスネイプの口内に洗剤を入れた映像を見た。
スポンサーリンク