ハリーポッター(ハリポタ)シリーズの登場人物、サウル・クローカー。

魔法省神秘部の無言者からホグワーツ教員になった、サウル・クローカーのプロフィールを掲載しています。

スポンサーリンク




サウル・クローカーのプロフィール

サウル・クローカーは、魔法省神秘部の無言者でキャリアを全うした後、ホグワーツの教員になる。(8巻)

魔法省神秘部では、逆転時計や、魔法使いのタイムトラベルの研究をしていた。

スポンサーリンク




個人データ

本名
英語名
サウル・クローカー
Saul Croaker
属種 人間 魔法使い
性別 男性
職業 魔法省神秘部 無言者
スポンサーリンク




登場シーン

第4巻 ハリー・ポッターと炎のゴブレット(書籍)

クローカーは、クィディッチのワールドカップの際に、ウィーズリー家のテントの前を同僚のブロデリック・ボードと通ったので、アーサーがハリーやハーマイオニーたちにそれを解説していた。

第8巻 ハリー・ポッターと呪いの子(書籍・舞台)

クローカーは魔法省神秘部でのキャリアを全うした後、ホグワーツで教員になり、アルバススコーピウスを教えていて、逆転時計やタイムトラベル

スポンサーリンク