ハリポタシリーズに登場する、屋敷しもべ妖精(ハウスエルフ)のドビー。

小さいみたいですが、一体身長は何センチcmなのでしょうか?

物語や映画を調べてみました。

スポンサーリンク




ハリポタ作中、ドビーの身長は何センチcm?|ハリーポッター

ドビーの身長は物語の中で、明らかにされていないようです。

身長に結びつく描写としては、

  • 小さい生き物(12歳時のハリー視点)
  • 奴隷時代は、枕カバー(人間用)を洋服代わりにしている
  • 自由の身になってからは、ティーポットカバーを帽子代わりにしている
スポンサーリンク




映画でドビーの身長は?

映画第2作「ハリー・ポッターと秘密の部屋」のドビーは、コンピューターグラフィック(CG)で演出。

第7作「ハリー・ポッターと死の秘宝PART1」と続きの第8作PART2では、偽軟骨異形成症で約92cmの身長のダイアン・ギブソンズがドビーを演じています。

映像を見ると、ドビーはかなり小さく見えますね。

画像右のオリバンダー老人役のジョン・ハートの身長は175cm。
ドビーの身長は明らかに1m以下に見えます。

画像の女の子、ハーマイオニー役のエマ・ワトソンの身長は165cm。

それよりもドビーはかなり小さいです。

まとめ

結局ドビーの身長は不明ですが、枕カバーを洋服がわりに、ティーポットカバーを帽子代わりにするくらい小さいということがわかりました。