ハリー・ポッターに登場する「首無し狩クラブ」とは?
「首なしクラブ」について、まとめています。

スポンサーリンク




「首なし狩クラブ」の英語

英語ではHeadless Hunt。

日本語版の翻訳は、登場巻によって異なって訳されている。

「首無し狩クラブ」(第2巻 ハリー・ポッターと秘密の部屋)
「首無し狩人」(第7巻 ハリー・ポッターと死の秘宝)

ハリーポッターに登場する「首なし狩クラブ」とは?

ハリー・ポッターに登場する首なし狩クラブ(Headless Hunt)とは、ゴーストの馬に乗っているゴーストの首がない魔法使いの集まり。

パトリック・ディレニー・ポモドア(スッパリ首無しポドモア卿)が率いている。

「首なし狩クラブ」のメンバーになる条件

自分の首がすっぱりと切れていることが「首なし狩クラブ」に入るの条件。

自分たちの首で「首投げ騎馬戦」「首ポロ」「首ホッケー」をするため。

ほとんど首なしニックは首が1cm繋がっているため、いつまで経っても入ることが出来ないでいる。

「首無し狩クラブ」の登場作品

第2巻 ハリー・ポッターと秘密の部屋

ほとんど首無しニックの絶命記念日パーティの際に現れて、首ホッケーを披露した。

第7巻 ハリー・ポッターと死の秘宝

必要の部屋クラッブが自ら出した悪霊の火で命を落とした直後に、ハリーは「首なし狩クラブ」の一団を見かけた。

スポンサーリンク