Harry Potter ハリーポッターに出てくる呪文と魔法の
Densaugeo デンソージオ 歯呪い
の呪文の発音、魔法の用途、呪文の語源・由来・意味、登場場面のシーンなどを紹介しています。

スポンサーリンク




呪文と発音

デンソージオ 歯呪い
Densaugeo
dɛnˈsɔːdʒiːoʊ/ den-saw-jee-oh

魔法の用途

歯を異常なほど大きくする。
なくしたり、欠けたりした歯を付ける事もできる。

呪文の語源・由来・意味

ラテン語でdenは歯、augeoは大きくするという意味。

スポンサーリンク




登場場面のシーン

術者 場面
第4巻 ハリー・ポッターと炎のゴブレット
ドラコ
マルフォイ
ハリーにこの呪文を放ったが、ハリーが対抗して鼻呪いの呪文を放ち、両方の呪文がぶつかって近くにいたハーマイオニーに当たった。ハーマイオニーの前歯がこの呪文でビーバーのように伸びたが、やってきたスネイプにいつもと変わらないと言われ、コンプレックスを直撃。ハーマイオニー治療する際に、歯を元より小さくしてもらい、結果もともとのコンプレックスを解消した。
スポンサーリンク