Harry Potter ハリーポッターに出てくる呪文や魔法で
Conjunctivitis Curse 結膜炎の呪い
の用途や登場場面のシーンなどを紹介しています。

スポンサーリンク




魔法

結膜炎の呪い
Conjunctivitis Curse

魔法の用途

相手の目を炎症させる。結膜炎やピンクアイのようになる。

スポンサーリンク




登場場面のシーン

術者 場面
第4巻 ハリー・ポッターと炎のゴブレット
ビクトール
クラム
三大魔法学校対抗試合の第一の課題で、中国火の玉種のドラゴンにこの呪文を使用。ドラゴンは苦しんでのたうち回り、守るはずの卵を半分つぶしてしまう。そのため、グラムはこの課題で減点された。それでもハリーと同点で一位だった。
シリウス
ブラック
グリフィンドール寮の談話室でハリーが1人になった時に、暖炉の火の中に突然現れたシリウス。ハリーに三大魔法学校対抗試合の第一の課題で、ドラゴンにこの呪文を使うように伝えようとしたら、ロンが現れたので会話が中断されて伝えられなかった。
第5巻 ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団
オリンペ
マクシーム
ヴォルデモートと死喰い人と同盟を結んでいる巨人のところに対ヴォルデモートとして協力のお願いにハグリッドと一緒に行った。その場で、北欧の巨人の頭ゴルドマスの同士達がハグリッドに対して交戦的になった時に、この呪文を使用して戦意を喪失させた。
スポンサーリンク