「クリスマスプティング」は、ハリーポッターに登場するスイーツ。

英語、登場シーン、現実世界での「クリスマスプティング」の解説、レシピ画像&リンクなどをまとめています。

スポンサーリンク




「クリスマスプティング」の英語

クリスマスプティング
Christmas Pudding

「クリスマスプティング」のハリー・ポッター登場作品

  • 第1巻 ハリー・ポッターと賢者の石
  • 第2巻 ハリー・ポッターと秘密の部屋
  • 第4巻 ハリー・ポッターと炎のゴブレット
  • 第7巻 ハリー・ポッターと死の秘宝

「クリスマスプティング」の登場シーン

ハリーがホグワーツで過ごす初めてのクリスマス時に、フランベのクリスマスプティングが出された。

その後も、ホグワーツのクリスマス時に出されている。

ハリーはホグワーツ5年生時のクリスマスはブラック邸で過ごして、その際にもクリスマスプディングを食べた。

現実世界の「クリスマスプティング」

「クリスマスプティング」は魔法のスイーツではなく、イギリスの伝統的なクリスマスのデザート。

クリスマスプティングは、小麦や牛脂かバターとブランデー漬けのプラムやレーズンなどのドライフルーツを蒸したケーキ。

伝統的には何ヶ月か熟成させる。
食べる前に再度蒸して、ブランデーでフランベをして、ブランデークリームかカスタードクリームなどと一緒に食べる。

スポンサーリンク




レシピ