「チョコレート」は、ハリーポッターに登場するスイーツ。

登場シーン、ルーピン先生とマダムポンフリーによるチョコレートの効能などをまとめています。

スポンサーリンク




チョコレート!ルーピン先生とマダムポンフリーが効能を保証

魔法界にはぴょんぴょん跳ねる蛙チョコレートがあって、ハリーは度々食べた。

ハリー・ポッターは3年生時のホグワーツ特急で、吸魂鬼に遭遇して気を失う。
ルーピン先生に助けられて、目が覚めた後にチョコレートを貰う。癒しの力があるとのこと。

再び吸魂鬼に襲われて気を失い、医務室で起きたハリーは、マダム・ポンフリーにチョコレートを貰った。

「チョコレート」のハリー・ポッター登場作品

  • 第1巻 ハリー・ポッターと賢者の石
  • 第2巻 ハリー・ポッターと秘密の部屋
  • 第3巻 ハリー・ポッターとアズカバンの囚人
  • 第4巻 ハリー・ポッターと炎のゴブレット
  • 第5巻 ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団
  • 第6巻 ハリー・ポッターと謎のプリンス
  • 第7巻 ハリー・ポッターと死の秘宝
  • ハリー・ポッターと呪いの子