「クランペット」は、ハリーポッターに登場するパンケーキ。

英語、登場シーン、現実世界での「クランペット」の解説、レシピ画像&リンクなどをまとめています。

スポンサーリンク




「クランペット」の英語

クランペット
Crumpet

「クランペット」のハリー・ポッター登場作品

第1巻 ハリー・ポッターと賢者の石

「クランペット」の登場シーン

ハリー・ポッターは、1年生のクリスマス休暇時に閑散としたグリフィンドールの談話室でロン・ウィーズリーたちとクランペットなどを食べた。
クリスマスの当日にもデザートとして食べた。

ハリーが3年生になる直前の夏休みに魔法省に保護された漏れ鍋で、亭主のトムがクランペットと紅茶を出してくれた。魔法大臣は大臣に保護された際に、クランペットを2つ食べて、ハリーにも進めた。

ハリーが5年生の時のとある朝食時にフレッドがクランペットにバターをたっぷり塗っていた。

現実世界の「クランペット」

「クランペット」は魔法のスイーツではなく、普通の食べ物。

クランペットとは、パンケーキの材料にベーキングパウダーを入れる代わりにイーストを入れて、パンケーキのようにプライパンで焼いた甘いパン。

イギリスでは朝食や軽食に食べる。

スポンサーリンク




レシピ

ジェイミーオリバーのクランペットのレシピ