「砂糖羽根ペン」は、ハリーポッターに登場するお菓子。

英語、登場作品・シーン、「砂糖羽ペン」の概要、USJ「羽ペンキャンディ」のファンレポやファンのレシピなどをまとめています。

スポンサーリンク




「砂糖羽ペン」の英語

砂糖羽ペン
Sugar Quill

「砂糖羽根ペン」のハリー・ポッター登場作品

  • 第3巻 ハリー・ポッターとアズカバンの囚人
  • 第4巻 ハリー・ポッターと炎のゴブレット
  • 第6巻 ハリー・ポッターと謎のプリンス
  • ホグワーツの謎

「砂糖羽ペン」の登場シーン

「砂糖羽ペン」は魔法界のお菓子。
味や魔法がかかっているか、など関しては作品で触れていない。

ホグワーツ3年生時に一人だけホグズミード村への外出ができなかったハリーに、フレット&ジョージ・ウィーズリーが忍びの地図をくれた。そのおかげで、ハリーは秘密通路を使ってホグズミード村へこっそりと行く。秘密通路の出口のハニーデュークスの地下から透明マントを被って店内に入ると、砂糖羽根ペンなどたくさんの魔法界のお菓子があった。

ロンによると砂糖羽根ペンは授業中になめていても、何か考えているように見えるとのこと。

5年生には特大の砂糖羽根ペンが売っていた。

USJ「羽ペンキャンディ」ファンレポ


スポンサーリンク




ファンのレシピ