チポラータ・ソーセージは、ハリーポッターに登場する食べ物。

チポラータ・ソーセージとは?、英語、登場シーン・作品、レシピの画像&リンクなどをまとめています。

スポンサーリンク




「チポラータ・ソーセージ」の英語

チポラータ・ソーセージ
Chipolata

「チポラータ・ソーセージ」のハリー・ポッター登場作品

  • 第1巻 ハリー・ポッターと賢者の石
  • 第3巻 ハリー・ポッターとアズカバンの囚人

チポラータ・ソーセージとは?

英国でいう一般的なチポラータとは、短めの生ソーセージのこと。
クリスマスメニューとして、ペーコンを巻いて焼いたチポラータがよく出される。

チポラータはフランスが発祥ではないかとされているが、フランスのチポラータは細長い。
1903年にフランスの有名シェフのエスコフィエの料理本に掲載されていた経緯がある。

「チポラータ・ソーセージ」の登場シーン

ハリー・ポッターがホグワーツで1年生と3年生の時のクリスマスの宴料理として登場。
3年生の時には、ダンブルドア校長が一年生のデレクにチポラータ・ソーセージを美味しいとすすめていた。

スポンサーリンク




レシピ