「オートミール」は、ハリーポッターに登場する食べ物。

「オートミール」の英語、ハリポタの登場シーン・作品、概要、英国で一般的なレシピ、買った人が多くて評価が高いオートミールの通販などをまとめています。

スポンサーリンク




「オートミール」の英語

オートミール
Porridge

英国でいうPorridgeは、通常オートミールのことなので、日本語版ではオートミールと訳してある。

「オートミール」のハリー・ポッター登場作品

  • 第1巻 ハリー・ポッターと賢者の石
  • 第2巻 ハリー・ポッターと秘密の部屋
  • 第4巻 ハリー・ポッターと炎のゴブレット
  • 第5巻 ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団
  • 第6巻 ハリー・ポッターと謎のプリンス
  • 吟遊詩人ビードルの物語

オートミールとは?

英国でいうポリッジとは、オートミールをお湯で温めたりミルクなどでふやかたりしてドロドロ状態にして食べるもの。
好みで砂糖、ナッツ、ドライフルーツ、生の果物などを入れる。
通常は朝食に食べる。

「オートミール」の登場シーン

ホグワーツでは朝食に牛乳入りのオートミールの大皿が出されて、度々ハリーはそれを食べた。
医務室で過ごす朝食でもオートミールが出された。

ウィーズリー家の隠れ穴でも度々オートミールが大皿で出されている。
ジニーは隠れ穴に初めてやってきたハリーを見て、オートミールを入れるお皿をひっくり返してしまったことがある。

オートミールにロンは砂糖をかけて、アーサーは糖蜜をかけていた。

ハリーが魔法の不正使用の疑いがかけれれて尋問のために魔法省に呼ばれた日の朝に、ブラック邸でもモリー・ウィーズリーが朝食を用意。オートミールなどを勧められたが、ハリーはトーストだけを選んだ。

スポンサーリンク




英国で一般的なレシピ

買った人が多くて評価が高いオートミールの通販