ニシンの燻製、キッパーとは英国の伝統的な朝食に出される食べ物で、ハリーポッターにも登場。

「ニシンの燻製」の概要、英語、ハリーポッターでの登場シーン・作品、食べ方・レシピ、オンラインで買える評価が高いニシンの燻製(缶詰含む)などをまとめています。

スポンサーリンク




「ニシンの燻製」(キッパー)の英語

Kipper
キッパー

ハリーポッターの日本語版ではキッパーという言葉は使われていず、「ニシン燻製」「鰊の燻製」などと訳してある。

キッパーのハリー・ポッター登場作品

  • 第2巻 ハリー・ポッターと秘密の部屋
  • 第4巻 ハリー・ポッターと炎のゴブレット
  • 第5巻 ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団
  • 第6巻 ハリー・ポッターと謎のプリンス
  • ホグワーツの謎

キッパー(ニシンの燻製)とは?

キッパーは英国の伝統的な食べもの。
ニシンを開き、塩漬けか塩干しにして、冷燻させたもの。
通常は朝食に食べる。

キッパー(ニシンの燻製)の登場シーン

ホグワーツ、ウィーズリー家の隠れ穴、ブラック邸で、朝食にキッパーが出される。
ハリー、ロン、ジョージはキッパーを食べた。

スポンサーリンク




イギリスでのキッパーの朝食例・食べ方・レシピ

評価が高いオンラインで買えるニシンの燻製