「糖蜜ヌガー」は、ハリーポッターに登場するスイーツ。
ハグリッドが小屋に常備しているお菓子で、ハリー・ポッター達が遊びに行くと出してくれるお菓子の一つです。

英語、登場シーン、現実世界でのお菓子の解説、ファンのつくれぽやレシピのリンクなどをまとめています。

スポンサーリンク




    「糖蜜ヌガー」の英語

    糖蜜ヌガー 糖蜜ファッジ
    Treacle Fudge

    「糖蜜ヌガー」のハリー・ポッター登場作品

    第2巻 ハリー・ポッターと秘密の部屋

    「糖蜜ヌガー」の登場シーン

    ハリー・ポッターはホグワーツ2年生のクリスマスプレゼントに、ハグリッドから缶にたくさん入った糖蜜ヌガーをもらい、火でとろけさせて食べる。

    トム・リドルはホグワーツの学生だった時代にスラグホーン先生に「砂糖漬けパイナップル」を贈った。

    ハグリッドの愛犬ファングは、ハグリッドからもらった糖蜜ヌガーを食べて上下の歯がくっついた。

    現実世界の「糖蜜ヌガー」

    「糖蜜ヌガー」は魔法のスイーツではなく、普通の食べ物。

    ただし、「糖蜜」と「ヌガー」じたいはポピュラーな食べ物だが、その組み合わせはハリーポッターのオリジナルと言っていい。

    「Treacle Fudge」の意味

    Treacleとは、白砂糖を精製する工程でできるドロドロ濃厚な濃い茶色の糖。アメリカではMolassesと呼ばれている。


    Fudgeとは、砂糖、バター、練乳などで作られたソフトキャンディのようなもの。プラリネのチョコレートの中身をちょっと硬くしたような、キャラメルをすごく柔らかくして、歯にくっつかなくしたようなもの。

    果物、ナッツ、チョコレートなども一緒に練りこんで作る、いろいろな味のFudgeがある。

    スポンサーリンク




    ファンのつくれぽ

    こちらはビーガンの糖蜜ファッジのレシピ。