「ヨークシャープティング」は、ハリーポッターに登場する食べ物。

英語、登場シーン、現実世界での「ヨークシャープティング」の解説、レシピ画像&リンクなどをまとめています。

スポンサーリンク




「ヨークシャープティング」の英語

ヨークシャープティング
Yorkshire Pudding

「ヨークシャープティング」のハリー・ポッター登場作品

第1巻 ハリー・ポッターと賢者の石

「ヨークシャープティング」の登場シーン

ハリー・ポッターがホグワーツに入学した日の宴で、たくさんの料理と一緒に出されていた。

現実世界の「ヨークシャープティング」

「ヨークシャープティング」は魔法の食べ物ではなく、英国の普通の食べ物。
小麦粉、牛乳、卵、塩を混ぜてオーブンで焼いたもの。食感はもちもちでふわふわしていて、シュークリームの皮のようなもの。丸型で中央が窪んでいる。

ローストビーフや肉の付け合わせで出されることが多い。

ヨークシャープティングの窪みにグレビーソースなど入れてよく食される。

スポンサーリンク




レシピ

この投稿をInstagramで見る

 

KT(@kt121_kitchen)がシェアした投稿