「糖蜜プディング」は、ハリーポッターに登場するお菓子。
英語ではTreacle Pudding。日本語版の翻訳では「糖蜜のかかったケーキ」と翻訳されていた。

英語、登場シーン、現実世界でのお菓子の解説、ファンのつくれぽやレシピのリンクなどをまとめています。

スポンサーリンク




「糖蜜プディング」の英語

糖蜜プディング
Treacle Pudding

「糖蜜プディング」のハリー・ポッター登場作品

第2巻 ハリー・ポッターと秘密の部屋

「糖蜜プディング」の登場シーン

ハリー・ポッターがホグワーツ2年生になる直前の夏休みに、親友ロン・ウィーズリーに自宅の隠れ穴に招待される。その最後の夕食に、ロンの母モリーがハリーの大好物全てと糖蜜プディングを振舞ってくれた。

現実世界の「糖蜜プディング」

「糖蜜プディング」は魔法のスイーツではなく、普通の食べ物。
英国のお菓子で、糖蜜、砂糖、卵、牛乳、バターなどを混ぜて蒸したもの。

「Treacle」「Pudding」とは?

Treacleとは、白砂糖を精製する工程でできるドロドロ濃厚な濃い茶色の糖。アメリカではMolassesと呼ばれている。


Puddingとは、小麦粉、牛乳、卵などを中心に作られる塩味の蒸し料理や甘い蒸しお菓子の総称。日本でいうプリンもそれに含まれる。
ハリーポッターでは、Puddingをデザートの総称として用いられている。

スポンサーリンク




レシピ&ファンのつくれぽ