ハリーポッターシリーズ(ハリポタ)のスピンオフ映画「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」(ファンタビ)で、1927年から登場するキャラクター、カロー。

グリンデルバルドのアコライト(信奉者)の女性、カローについて、脚本や映画に基づいたプロフィールと映画の女優などを紹介しています。

スポンサーリンク




カローのプロフィール

【右側の画像の女性がカロー】

カローは1927年時点で存在した魔法使い。

ゲラート・グリンデルバルドのアコライト(信奉者)。

クリーデンスを追ってパリにやってきたグリンデルバルドと行動を共にして、サポートする。

パリでの拠点を得るために、高級住宅の住民の殺害に加担し、幼児を殺害した。

カロー家は「純血一族一覧」の本に掲載されている「間違いなく純血の血筋」とされる英国の魔法族の純血の名家、「聖28一族」に連なっている。

ハリポタ時代の1990年代に、一族で死喰い人のメンバーが存在していた。

カローの杖

映画用の杖の画像。木材、芯、長さなどの詳細は不明。

名前 カロー
Carrow
誕生日 1927年以前
属種 人間 魔法使い 聖28一族
性別 女性
所属 グリンデルバルドの陣営
スポンサーリンク




登場シーン

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(脚本書籍・映画)

映画の役者女優

女優 マヤ・ブルーム
スポンサーリンク